FC2ブログ



じゃらんで訪ねる江姫ゆかりの地




江姫の母

江姫の母の名前はお市。

江の母は織田信長の妹でしたが、政略結婚により北近江の雄・浅井長政に嫁ぐことになりました。

その後同盟を結んでいた浅井が織田を裏切りるかたちで戦いが繰り返され、

江の母・お市は長政に内緒で、信長に「挟み撃ち」を知らせる「袋の鼠」と届けさせた・・・

の流説などもあるのですが、一般的に長政とお市は深く愛し合っていたとされています。

秀吉の火責めで落城する城の中で江の父・長政は自決しますが、

曰く、お市と茶々・初・江の三姉妹は「長政が信長に頼み込んで」城を脱出・・・

お市は「私もあなたと御伴しとうございます」だということになってますが、

本当にそうだったのでしょうか

もしかすると、


・・・お市ははなから死ぬつもりなどなく、その実信長と通じていた・・・

状況だけで思いを馳せるといろんな憶測生まれてきます・・・
スポンサーサイト



江と春日局

よく江は春日局と折り合いが悪かったと引き合いに出されることがあります。

そして、春日局が乳母として養育した家光を疎い、自分の手で育てた忠長を溺愛したとも。

確かに、春日局は我の強い一面もあった様なので(江もそうですが)仲が良かったとは言い難いでしょうが、

例えばドラマや小説などで描かれている様はかなり拡張的な描写のように私には思えます。

また、忠長にしても当然乳母はついていましたから、「江がつっききりで育てたので忠長を溺愛した」

なんてことはありえませんよね。

テーマ : 大河ドラマ 江
ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : 江,春日局

江姫の性格

江は信長に会うまで父の死の真相について知らされることはなかったようです。

なので、信長ゆかりの人間として、江はその幼少期をのびのびと思うがまま過ごしていたようですね。

彼女のその後の人生を考えるとき、このことは非常に重要なウエートを占めていたと思います。

江はかなり強欲で我が強く、二男の国松を「お世継ぎ」にと公言してはばからず、家康に諌められたとも。

天衣無縫なそのありようは、幼少期の生活環境や信長や秀吉に影響を受けた点が大きいのでありましょう。

テーマ : 大河ドラマ 江
ジャンル : テレビ・ラジオ

江の素顔

浅井長政と信長の妹・お市との間に生まれた江は、幼名を督と申しました。

太閤素性記には「小督御料人」と記されておりますので、近しい仲間内では「おごう」ちゃんと呼ばれていたんではないかと思います。

また、ドラマでもやってましたが、琵琶湖を抱く近江の里に生まれたので「江」、更に豊臣秀吉により、徳川(=江戸)に与えられたので、江与(えよ)などとも呼び親しまれているようですね。

当時を知ることのできる資料によると江は細面で華奢な女性だったようですが、気性はいたって激しく、結構貪欲な方だったようです。

それはそうですよね、あの信長さまの血を引く方ですもの。

家光の後に生まれた忠長を次期将軍に推そうと画策し、春日局(=福)と対立して家康から戒められるほどだったとか。

築山や信康の件といい、そしてこの江の突っ走り具合といい、外部にはかなり睨みをきかせていた家康も身内にはかなり手を焼いていたみたいですね。

テーマ : 大河ドラマ 江
ジャンル : テレビ・ラジオ

江 姫たちの戦国

1月9日から放送が開始されたNHKの大河ドラマ 江。

このドラマには「姫たちの戦国」という副題がついています。

これはこのドラマに登場してくる女性たちが戦国時代を生きたというばかりではなく、城の落城、愛する夫や子供たちを戦乱で亡くしていくなどの悲しみを乗り越え、強く生き抜いたさまを表現しているのだと思います。

例えば、信長命で浅井長政に嫁いだお市。

彼女は織田家安寧のため、近江に嫁ぎ三人の子宝に恵まれながら、肉親の兄に攻められ住まいしていた居城は落城。

そして信長が亡くなると、今度は信長の三男・信孝に利用されて柴田勝家の許へ輿入れすることに。

一年もたたぬ間に勝家は秀吉に滅ぼされ、そしてまたもや住まいしていた北の庄城は落城。

「女の戦いとは生きること」と申したお市も、二度の落城を経験して生きることに疲れたのかとうとう勝家とともに自刃。

その他にも、お市の長女・茶々と徳川に嫁いだ江との間のお家争いもありますが、それはまた今度ということで。







テーマ : 大河ドラマ 江
ジャンル : テレビ・ラジオ

ランキング
カテゴリ
広告


リンク
最新記事
月別アーカイブ
パーツ

  • seo

seo great banner


track feed 大河 江姫
ヤフー
プロフィール

gouhimedaya

Author:gouhimedaya
ようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセス解析